有料老人ホームで必要な費用

有料老人ホームを利用する際に必要な費用について説明します。有料老人ホームで必要な費用は大きく分けて3つあります。入居時に必要な費用、毎月支払う費用、その他の費用です。順番に説明していきます。まずは入居時に必要な費用です。利用料の支払いが一時金方式をとっている有料老人ホームの場合に必要です。まずは入居申込金です。部屋を仮予約するために必要なお金です。すべての施設で必要なわけではありません。次は入居一時金です。このお金の名目は、主に施設の共用部分や居室の賃料になります。このお金は減価償却されていき、償却前に退去すれば残った額が返還されます。償却開始日や償却期間はきちんと確認しておきましょう。この返還金に関するトラブルが多く発生しているようです。そのため短期解約特例制度という法律が設けられているので、その内容も確認しておくようにしましょう。

次に介護一時金が必要な場合があります。これは介護保険ではまかなえない介護費用が発生するという前提であらかじめ支払っておく費用のことです。これにも償却の考え方が適応されているので償却期間や償却開始日などを確認しておきましょう。次は毎月必要な費用です。まずは月額利用料です。家賃、食費、管理費で構成されています。家賃は部屋や共有スペースを利用する費用、食費は食事サービスを利用する費用、管理費はホームの人件費や維持費用などをさしますが、基準は無いため内訳を確認するようにしておきましょう。水道光熱費、電話代も個別にかかります。介護関連費という費用がかかります。介護サービスを利用するのにかかる費用です。介護保険を利用している場合は介護保険の自己負担分がかかります。オムツなどの費用は実費になるので介護用品のお金も含まれます。ほかにも買い物や事務代行などを頼むと有償サービスとして請求されることがあります。自立している方には自立サポート費というのがかかることがあります。自立者には介護が必要ありませんが、施設側は見守りを行っているので、対価として設定しているわけです。最後はその他の費用になります。まずは医療費です。

病院を利用すれば医療保険の自己負担分は自分で支払う必要があります。病院までの交通費も必要です。イベントやサークルを行う際には費用が必要な場合があります。イベントで外出したり、サークルで材料を購入したりした場合にかかる費用になります。後は介護が必要となった場合に部屋を移動する必要があり、その際に費用がかかる場合があります。事前にホームに確認しておきましょう。これらが有料老人ホームで必要な費用になります。